オエストロジェル口コミ効果


オエストロジェル

オエストロジェルは女性ホルモンエストロゲンを補充できる外用薬です

肌に直接塗って女性ホルモンを補充して更年期障害の緩和や

女性ホルモン不足の様々な症状の改善に役立ちます

オエストロジェル価格

くすりエクスプレス

1箱あたり

1箱 4980円  4980円

2箱 3640円  7280円

3箱 3260円  9780円

5箱 2896円  14480円

7箱 2797円  19579円

10箱 2628円  26280円

※詳細はコチラ
オエストロジェル

ベストケンコー

1箱 4980円  4980円

3箱 3260円  9780円

5箱 2896円  14480円

※詳細はコチラ
ベストケンコーのオエストロジェル

メデマート

1箱 3780円

3箱 10210円

5箱 18140円

※詳細はコチラ
オエストロジェル(女性ホルモン剤)の通販なら個人輸入代行のメデマート

オエストロジェルの特徴

オエストロジェルの特徴1

オエストロジェルは塗るタイプの女性ホルモンを補充できる薬です

オエストロジェルを使うと肌から直接吸収され飲み薬よりも高い効果が期待できます

飲み薬よりも副作用も少なく安全に利用できます

不足した女性ホルモンを補い様々な健康効果が期待されます

オストロジェルには卵胞ホルモン(エストロゲン)エストラジオールだけが配合されています

プロゲステロンが含まれていないので身体の負担が少なく副作用も低くなります

効果も長時間持続して1日1回使用すると24時間女性ホルモンエストロゲンが吸収されます

オストロジェルにはエタノールが少し配合されています

エタノールは消毒液アルコールのことで注射をするときに使うものです

オストロジェルは肌に塗ると有効成分のエストラジオールが肌の吸収され

角質層に浸透して角質層で保持された後に血液中にエストラジオールが送られます

オストロジェルを利用することで身体にすばやく浸透して血液中の女性ホルモン濃度を一定の基準に保つ事ができます

一度利用すると肌から吸収されるのでシャワーやお風呂で洗っても問題ありません

肌から体内に吸収されているので運動をして汗をかいても問題なく効果はあります

オエストロジェルは更年期障害の治療や女性ホルモンの不足の症状の改善にも役立ちますが

MTF(女性化)の人の女性ホルモンの補充にも役立ちます

性同一性障害の人にも知られている薬で胸が大きくなったり女性化に役立つ薬です

オエストロジェル使い方

1日1回適量を手首や腕や太腿などに塗ります

オエストロジェル副作用

不正出血、胃痙攣、腹部膨満、吐き気、嘔吐、脱毛、頭痛、感染症、腹痛、背痛、膣炎などの副作用が報告されています

※詳細はコチラ
オエストロジェル

オエストロジェルの口コミ

オエストロジェルの口コミ1


オエストロジェルを使い始めてから5ヶ月になります 腕やふとももや使用する場所はいろいろですが使用感も良くて問題ありません 現在は少しの量を使っています オエストロジェルを使ってからは生理不順が無くなり生理前のイライラが無くなりました 使用しないと集中力がなくなるのでないと困ります 女性ホルモンが大事だと実感できました

オエストロジェルの口コミ2


オエストロジェルを使いましたが首とふとももに塗り使いました 使用してからは酷かった更年期のホットフラッシュが改善されました オエストロジェルをもっと前から使っていたら良かったです

オエストロジェルの口コミ3


最近になり立ち眩みやめまいや動機や眠気などの症状が出るようになりました ネットでサプリなどいろいろ探していましたがオエストロジェルを知り購入しました オエストロジェルを1本すべて使いましたが動機やめまいは無くなりました 生理中にも使用しましたが生理が終わらず次は生理のときは使用を中止しました 普段よりも生理が早く終わったようで肌もしっとりしてきれいになっています 胸の方は大きくなるのを期待していましたが効果はありませんでした

※詳細はコチラ
オエストロジェル

2種類の女性ホルモン

卵巣から出ている女性ホルモンには2種類あります

1つはエストロゲンもう1つはプロゲステロンというホルモンです

このエストロゲンとプロゲステロンはそれぞれ異なる働きをします

エストロゲンは女性らしさを作るホルモンです

一方プロゲステロンは妊娠を助けるホルモンです

2つのホルモンは妊娠出産の準備のために必要で全身をめぐり生理や体の調子に影響を与えます

生理痛、生理不順、肩こり、疲れ、冷え、むくみなどの体の調子や美肌を維持したり

吹き出物などの肌トラブルなどの女性ホルモンの影響です

さらにダイエットでも痩せやすい、太りやすいなどやイライラ、落ち込み、不眠など

心の状態にも女性ホルモンが影響しています

女性の体には1ヶ月の間でさまざまな変化があります

卵胞期、排卵期、黄体期、生理の4つの時期があります

生理後は1ヶ月のうちもっとも安定して心と体が安定しています

卵胞期

エストロゲンがたくさん分泌される時期です

体も心も穏やかで安定している時期です

黄体期

プロゲステロンがたくさん分泌され体や心、肌が不安定なる時期で

便秘やイライラ吹き出物などのトラブルが起こりやすくなります

女性ホルモンの低下と肌

肌の弾力を保っているコラーゲンは女性ホルモンが低下することで肌の弾力がなくなり乾燥してカサ突いてきます

かすみ、かぶれ、湿疹ができやすいのも女性ホルモンの低下が関係しています

糖尿病や甲状腺機能の病気、肝臓病、湿疹、かゆみ赤みが出ることがあります

また皮膚の1番外側にある角質層は毎日少しずつはがれて

新しい表皮細胞が押し上げられます

これがターンオーバーです

皮膚はターンオーバーを繰り返して生まれ変わります

女性ホルモンの分泌が低下してスムーズに行われなくなると

ターンオーバーのサイクルが遅くなり角質層も厚くなります

食事

食事では皮膚や粘膜の健康を保って老化を防ぐβカロテンを多くとりましょう

にんじん、かぼちゃ、春菊、小松菜、せり、大根の葉、にら、ぱせり、モロヘイヤなどの

緑黄色野菜に多く含まれます

入浴

入浴で新陳代謝を高めることもできます

おへそから下だけの半身浴を20分から30分行うことでじんわり汗が出て新陳代謝を促します

女性ホルモン脳機能

女性ホルモンエストロゲン脳を守っている

記憶力や集中力の低下仕事の忙しさやストレスがたまれば脳も疲れます

脳の機能低下にもエストロゲンがかかわっています

エストロゲンは脳の働きにも大きく関係してエストロゲンの分泌が低下すれば脳の働きも低下します

更年期以降になると記憶力が悪くなるのはエストロゲンの分泌が極端に少なくなるからです

若くても卵巣機能の低下してエストロゲンの分泌が減れば集中力や記憶力低下が起こります

卵巣機能や脳機能低下を防ぐ生活習慣を取り入れることが大切です

手足の指をよく動かすなど意識して行うと症状の改善につながります

また脳の血流を良くするイチョウ葉エキスが有効です

脳の伝達物質でもあるリン脂質をたくさん摂取して不足させないことが大切です

リン脂質はオメガ3の油DHA、EPAに多く含まれています

DHA、EPAは酸化しやすく酸化を防ぐにはビタミンCと一緒に摂取することが大切です

とりすぎて害になるのはオメガ6の油です

サラダ油、紅花油、ごま油、コーン油、大豆油、ひまわり油、月見草油などです

目を温めることで心の不調が楽になることもあります

東洋医学ではいらいらは目の疲れと直結しているといわれます